プロミスのキャッシング審査について

 
プロミスでキャッシングを申し込むと最終審査に行われる審査が勤務先に電話をする在籍確認審査です。

このプロミスの審査の在籍確認は担当オペレーターが勤務先にばれない様に個人名で電話をかけてくれるので、過度に心配することはありません。本人がその場にいなくても同僚の方が「○○は今席をはずしています。」といった内容の話をしてくれれば、会社に在籍していると確認が取れたことになるのでそれで在籍確認は終わりです。

 

再度本人宛にい電話をしてくることもありません。

と言っても会社の状況によっては在籍確認電話が難しいという場合もあります。

 

例えば個人の電話などかかってくることの無い環境の会社ですと、上司や同僚に不審に思われますし、個人的な内容については詳しいことは言わないという会社の場合は在籍確認自体が困難となります。
プロミスではこういったどうしても在籍確認が難しいと判断されるケースの場合は電話による在籍確認ではない代替え方法に変えてくれます。

 

その代替え方法とは書類提出による在籍確認です。

勤務している会社の社員証や健康保険証、給与明細などを用意し、写メやファックスで送るだけなので、来社の必用もなくスムーズに在籍確認が行われます。

 

では、自宅に電話がかかってくることはあるのでしょうか?

基本的にはありません。在籍確認の連絡は勤務先になりますし、電話連絡の代替案としては、証明書類の提出で大丈夫なので、勤務先から自宅に変更するということは決してありません。ただ、郵便物は届くことになります。契約書や発行されたカード。そして毎月の利用明細などです。しかし、これらの郵便物も、申請すればすべて自宅に届かないようにすることは可能です。契約書やカードは、店舗に取りに行くことを選択すればそこで受け取れます。そして毎月の利用明細は、公式ホームページでWEB明細を申込むことで、ネットで明細を確認することができます。