プロミスやアコムなど消費者金融の実質年率について

 

消費者金融だけでなく、銀行やクレジットカード会社などでキャッシングした場合は必ず利息がつきます。
キャッシングした額を「元金」と言い、その元金には必ず「利息」を上乗せして返済しなければなりません。
「利息」とは、キャッシングした額に対して一定の割合で発生して、支払われる「対価」のことを指します。

では、大手の消費者金融のプロミスとアコムで比較してみましょう。

プロミスの実質年率

4.5%〜17.8%

アコムの実質年率

3.0%〜18.0%

 

では、具体的に計算してみましょう。

プロミスの場合

金利17.8%の例/10万円を30日間借りた場合はどういう計算になるのか。

ご利用金額 [10万円] × 借入利率 [17.8%] ÷ 365日 × ご利用日数 [30日]= 利息 [1,463円]

アコムの場合

金利18.0%の例/10万円を30日間の利用計算。

借入残高 [10万円] × 借入利率 [18.0%] ÷ 365日 × ご利用日数 [30日] = 利息 [1,479円]

 

それぞれの実質年率を見てみますと、少しずつ違っているのがわかります。
4.5%のところがあったり、4.7%など。最も低い利率のプロミスが安く利用出来るという理由で選びたくなりますね。
実は、新規で消費者金融を利用される場合では、上限の利率しか利用は出来ません。
ですので、17.8%、18.0%で計算してみるのが正しいのです。

 

通常のキャッシング・カードローンでは基本的にはフリーローンというカタチでの借入れなので、ほとんど場合、17.8%、18.0%の利率になります。

 

実質年率以外にもそれぞれ細かいサービスは異なりますので、サービスで選んでみるのも良いのではないでしょうか。
ちなみに、
プロミスを参考にしますが、4.5%の金利と17.8%の実質年率の幅はどういう利用方法で生じるのでしょうか?
新規の借入れで、50万円以内の借入額でしたら、上限の17.8%になるでしょう。
利用限度額が500万円ですが、そこまで利用しない限り、4.5%という数値にはならないのではないでしょうか。