借入れが可能か簡単に3秒でわかる

 
消費者金融でカードローンやキャッシングに申込んだ際に、すぐに誰でも利用できるという訳ではなく審査に通らなければ利用は可能になりません。

消費者金融に申込む時にもっとも気になるのは審査に通るかどうかではないでしょうか。審査基準は消費者金融によって異なっていますが、基本的には大きくは違いませんが、申込んだ自分が審査に通るかどうかは結果が出るまでわかりません。

 

ここで問題になるのは、心配のあまり審査だけを繰り返すと、それが信用情報機関に履歴として残ってしまいますので、申込んで審査を通過したら是非利用すべきですし、審査に通らなかったら別な会社にすぐに申込んだりせずに少し時間を置くべきです。

 

こちらのプロミスの簡単診断でしたら、3つの項目だけですぐに融資可能かどうかの結果がでます。
プロミスの場合は【生年月日】【年収】【現在のお借入金額】の3項目です。

生年月日でわかることは年齢制限にの審査です。20歳から69歳までの方が利用可能でそれ以外の方は利用することが出来ません。20歳以上でしたら、学生の方でも利用できます。70歳以上の方は借入れは厳しいです。

 

年収も診断の項目にありますが、ここで判断されるのは年収が少ないからと言って借りれないということはありません。

 

簡単診断で審査されるのは年収と他社からの借入れ総額の割合です。総量規制が審査の重要な基準ですので、他社の借入れ総額にとても影響します。年収の3分の1以上だと厳しくなります。

 

年収が関係するのは、審査に通過した後の融資額になります。いくらまで借りれるかは、毎月いくらまで返済が可能かが判断基準なので一定の月収が重要になります。

 

他社からの借入れ総額についてですが、クレジットカードでのショッピング、銀行カードローン、住宅ローンや自動車ローンはお借入れ金額に含まれません。

 

この簡単診断はプロミスに限っての内容です。他社ではまた別な3項目が審査基準になります。

消費者金融をいくつも掲載しているサイトがあります。審査に通るか不安だという方に同時申込みを進めていたりしますが、それは間違いです。ひとつの消費者金融に絞り、丁寧に申込むのが良いでしょう。一度に幾つもの消費者金融に申込むと、すぐにほとんどの消費者金融が利用している信用情報機関に履歴が残ります。そして余計に申込みが厳しくなります。一度に申込めばどこかの金融は審査に通してくれるだろうという訳には行かないので気をつけましょう。