なぜプロミスは在籍確認なしを実現できるのか?

 

消費者金融に申込むのは難しいというイメージがあるようですが。

インターネットからのお申し込みにより、場所や時間を気にせずに申込めるようになりました。スマートフォンかパソコンをお持ちなら、来店不要なので、自宅や職場からでも申し込む事が出来ます。そして審査に必要な書類も、ネットにより、すぐに消費者金融側に送ることが可能になりましたので、とてもスムーズに契約を進めることが出来るようになりました。

消費者金融を利用しようと考えると、在籍確認の電話連絡が不安になります。

審査には「在籍確認」があります。消費者金融が融資の基準に決めているのが、返済能力です。それには、必ず、毎月一定額の収入を得られる仕事をしているかが重要になります。そのため、今現在働いていることを照明する必要があるのですが、その最も確実な方法が、電話連絡での「在籍確認」なのです。
いくら最近の消費者金融のイメージが良くなったとしても、お金を借りることは誰にも知られたくないものです。職場はもちろん、家族にも知られたくはありません。電話が職場にかかってきて、消費者金融に申込むことを知られるのは良い気分ではありません。とても不安になることです。基本的に電話がかかってくる場合は、担当の個人名を名乗ってきますので安心ですが、やはりバレる心配は残ります。

では、何か方法があるのでしょうか?
実は、職場への在籍確認の電話はNGだということを消費者金融側に伝えることで、回避できるかもしれないんです。それまでの審査の内容によって変わってきますが、勤め先の状況を伝えることで、代替案を用意してくれるようになります。さらに別の在籍を証明できる書類を用意できるかがポイントになります。まずは相談してみましょう。

クレジットカードなどを持っていて、そのカードローンの借入れでお金を借りるとなってくると審査があるのが普通ですが、その審査で勤務しているところに電話をかけたりといった在籍確認があるのが通常の流れです。もちろん、在籍確認なしで申し込みをすることができるカード会社もいくつかあるのですが、クレジットカードの新規発行の審査とはまた違ってくるのもあるわけです。そのため、在籍確認自体はカード発行時に済ませていても、カードローンの審査で増枠申込の確認などがある可能性も高いですが、在籍確認に関してはあらかじめ予告がないのが一般的です。そのクレジットカードを発行するタイミングで確かめておくのがベストになってきます。